正しい睡眠習慣が不眠症を3割改善

今の時代、5人に1人は不眠症のような睡眠障害に悩まされていると言われています。

その原因は人それぞれですが、規則正しい生活を送り、正しい睡眠習慣を身につけることで、症状が改善される場合も多いのです。

快眠を手に入れるために、まずは睡眠習慣を見直すことから始めてみませんか?

不眠症を改善する正しい睡眠習慣

睡眠習慣とは

人にはそれぞれ、適切な睡眠習慣というものがあります。
適している睡眠時間や睡眠の質に違いはありますが、問題はその睡眠で本人が「満足しているか」ということなのです。

何時に起きて何時に寝るのが良いのか、何時間睡眠をとるのが良いのか、まずは自分に適した睡眠習慣を知ることが必要です。

そしてそれを身に付けていくことで、不眠症などの睡眠障害の悩みを解決できる場合もあるのです。

正しい睡眠習慣が不眠症を改善する理由

不眠症などの睡眠障害は、正しい睡眠リズムを身につけることで改善できる可能性があります。

不眠症の原因となっているものには、ストレスや肥満、睡眠環境などが考えられますが、体内時計の狂いもそのひとつです。

体内時計が狂ってしまうと、ホルモンの分泌にも影響が現れ、質の良い睡眠がとれなくなります。

睡眠の質が悪くなることでさらなる睡眠障害を招き、まさに悪循環となってしまうのです。

毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる。
毎日の睡眠時間を一定にする。

体内時計が正しいものになっていれば、人間は自然と夜になると眠たくなり、朝になると目が覚めるものです。

このような正しい睡眠習慣を身につけることこそが、不眠症対策としてまずやらなければならないことなのです。

もちろん睡眠習慣だけが不眠症の原因でない場合もありますが、他の治療や対策と併用して睡眠習慣の改善も行うことで、さらなる効果のアップが期待できるのではないでしょうか。

自分に適した睡眠習慣を知るには

では、どのような睡眠習慣が自分に適しているのか知るにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは自分の睡眠を把握してください。

毎日の就寝時間や起床時間の他にも、昼寝をした時間や食事の時間、運動をした時間などを記録しておき、どのようなときに満足のいく睡眠がとれたかを確認しておきます。

それによって自分の生活リズムにどのような問題があるのか、どのような生活リズムが快眠に適しているのかを知ることが出来ます。

自分ではよく分からないという人は、一度睡眠外来に足を運んでみてはいかがでしょうか。
アドバイスをもらうことが出来ますよ。

最後に

睡眠には睡眠ホルモンが大きく関係しています。
睡眠習慣が乱れていると、この睡眠ホルモンが正しく分泌されません。

そうなることで、夜になっても眠くならない、何度も目が覚めてしまう、等の何らかの睡眠障害を引き起こしてしまうのです。

睡眠ホルモンが正しく分泌されるようにするには、睡眠習慣をしっかりと改善する必要があります。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む