睡眠習慣の乱れはダイエットの大敵!

不規則な睡眠習慣は人体に様々な影響を及ぼすことになりますが、特に女性にとって深刻な問題であるダイエットにも、悪影響があるということをご存知でしょうか?

睡眠習慣が乱れると慢性的な睡眠不足に陥る可能性があります。
睡眠不足はまさに、ダイエットの大敵と言えるでしょう。

睡眠習慣とダイエット

睡眠習慣が乱れると太る理由

睡眠不足は美肌の大敵!ということはご存知ですよね?
実は睡眠不足はお肌の調子を悪くするだけでなく、太りやすい体質にしてしまう恐ろしいものなのです。

人は睡眠中に様々な種類のホルモンを分泌しています。
このホルモンの分泌が、睡眠と大きく関係しているのです。

ホルモンには、食欲を抑えるものと食欲を増進させるものがあります。
睡眠時間が短くなると、満腹ホルモンの分泌が減り、空腹ホルモンの分泌が増えてしまいます。

つまり睡眠時間が短い人は長い人に比べて、お腹が空きやすく、食べてもなかなか満腹感を感じにくい体になってしまう、というわけです。

寝不足の朝、いつも以上にお腹が空いていると感じたことはありませんか?
それはホルモンのせいだったのですね。

さらに空腹ホルモンの分泌が増えることで、カロリーの高いものを欲するようになるのも大きな問題です。

また、睡眠習慣が不規則な人は夜中まで起きていることが多いので、つい食べ物に手が出てしまい、脂肪を溜めやすくなる、という問題もあります。

痩せやすい身体を作るための睡眠習慣と食事

ダイエットのために食事制限をしたり運動をして頑張っている人はたくさんいます。
しかし、いくら頑張っても痩せられない...という人は、一度睡眠習慣の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

規則正しい睡眠習慣のためには、まず生活習慣を正す必要があります。
最も重要なポイントは、就寝3時間前は食べ物を食べないこと。

就寝直前に食べると胃腸が消化のために働いた状態にあり、ぐっすり眠る事は出来ません。
ある程度胃腸の働きが落ち着いてから就寝体制に入るように、3時間前までには済ませるようにしてください。

また、ダイエットのために朝食を抜く人も多いようですが、これは睡眠の質を下げることになってしまいますので絶対に止めてください。
睡眠習慣を整えるための体内時計は、朝食を食べることでリセットされるのです。

体内時計が狂ってしまうと、変な時間にお腹が空いたり、日中眠くなって脂肪を燃焼させられなくなったり、ダイエットに悪影響なことばかり起こってしまいます。

最後に

つまり効率的にダイエットを成功させて痩せるためには、栄養バランスの良い食事と、適度な運動、それに加えて「ぐっすり眠ること」が必要なポイントになります。

実はダイエットと睡眠には、密接な関係があったのですね。
痩せやすい体質を手に入れるためにも、まずは睡眠習慣の見直しをしてみてください。

メタボリック症候群を予防するためにも、「質の良い睡眠」は必要不可欠なのです。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む