家族に睡眠時無呼吸症候群の人がいたら!?あなたがすべき対処法

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まる状態が何度も繰り返される病気です。
睡眠中のことなので本人が気付くことは難しく、ほとんどのケースが家族に指摘されて病気が発覚します。

もしあなたの家族に睡眠時無呼吸症候群を疑われる人がいたら、どうしたら良いのでしょうか?

家族に睡眠時無呼吸症候群の人がいたら

症状を見極める

睡眠時無呼吸症候群の特徴は次の通りです。

  • 激しいびきをかいて寝ていると思ったら、突然10秒以上呼吸が止まる
  • 呼吸が止まる状態になることが1時間に5回以上ある
  • 日中耐えられない眠気に襲われる
  • 夜中何度もトイレに起きる
  • 朝起きたときひどい頭痛がする

もし同じ部屋で寝ている家族がこのような状態を起こしている事に気づいたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性は十分にあります。

睡眠中の様子をよく観察して、症状を見極めてください。

寝室が違っても朝起きたとき頭痛を訴えていたり、日中眠気で注意力散漫になっている様子を見かけたら、まず疑った方が良いかもしれません。

検査を受けるよう勧める

本人は寝ている間に起こっていることなので、事の重大さに気付いていないかもしれません。

しかし睡眠時無呼吸症候群は、とても恐ろしい病気です。

睡眠中に酸素が体に行き渡らなくなるために、時には心臓病や脳卒中など命に関わる病気を引き起こす原因になることもあるのです。

また、夜中熟睡出来ていない状態が続くことで、日中の耐えきれない眠気のせいで大きな事故を起こす可能性も十分にあります。

実際に睡眠時無呼吸症候群を患っている人が重大な事故を起こした例はニュースでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

病院では睡眠の状態を確認するために脳波や眼球運動の検査をしたり、呼吸状態を知るために呼吸センサーやいびき音の検査が行われています。

どのような治療が必要か知るためにも検査してみることを強く勧めてください。

原因を知って治療を始める

睡眠時無呼吸症候群は、人によって原因が異なります。
肥満によって気道が狭くなり起こる場合や、扁桃腺肥大などが原因になっているケースもあるのです。

まずは家族がどのような原因で睡眠時無呼吸症候群を起こしているのかを突き止め、適切な治療を受けるように勧めてください。

睡眠時無呼吸症候群の治療は、今はほとんどが保険適用内で受けることが可能です。
本人のためだけでなく家族のためにも、早期に症状改善に努めるべきです。

最後に

睡眠時無呼吸症候群は肥満体質の人や高齢者に、より発症率が高くなります。

激しいイビキをかいて寝ているようなら、呼吸が止まっていないか注意深く観察する必要があります。

もし本人が事態を軽く見ているようなら、睡眠時無呼吸症候群の恐ろしさをぜひ教えてあげてください。

また、小さな子供でも睡眠時無呼吸症候群を起こす可能性はあります。
子供なのに大きなイビキをかいて寝ていたり、日中眠気のせいで集中力が散漫になっているようなら注意する必要があるでしょう。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む