心臓病、脳卒中...睡眠時無呼吸症候群の恐ろしい合併症

睡眠時無呼吸症候群を単なる睡眠障害の一つだと思って侮っていてはいけません。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病を合併症として引き起こす原因にもなると考えられているのです。

早期に治療して改善することで、最悪の事態を避けることも出来るかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群の合併症

高血圧

睡眠時無呼吸症候群の症状としては、睡眠時に呼吸が止まり、再開する状態を何度も繰り返します。

つまり、呼吸が停止している間に体内の酸素濃度が低下し、再開することによってまた酸素量が回復する状態が繰り返されているのです。

交感神経が興奮した状態が続くと、睡眠中の血圧が上がり、日中起きている間も血圧は上がったままになります。

高血圧は頭痛やめまい、肩こりなどの症状から始まり、悪化すると心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす原因になります。

睡眠時無呼吸症候群の症状が改善されることで高血圧の改善にもつながりますので、早期に治療を始めることをおすすめします。

糖尿病

糖尿病はインスリンが働かなくなることによって、血液中にブドウ糖が異常増加することで起こる病気です。

睡眠時無呼吸症候群によって安定した睡眠が取れなくなることにより、インスリン分泌の低下を招くのです。

睡眠時無呼吸症候群が引き起こす合併症の中でも、糖尿病は発症率の高い病気と言えるでしょう。

脳卒中

睡眠中にたびたび呼吸が停止することで、酸素と二酸化炭素のガス交換が上手くいかなくなるため、脳卒中を引き起こすこともあります。

睡眠時無呼吸症候群を患っている人が脳卒中を起こす確率は、健康の人の約4倍とも言われていますので、深刻な問題と言えるでしょう。

心臓病

睡眠時無呼吸症候群は、繰り返す低酸素状態や交感神経の活性化により、心臓に悪影響を及ぼします。

心不全や不整脈を起こし、突然死する可能性も十分にあるのです。

事故

病気とは異なりますが、睡眠時無呼吸症候群を患っている人が日中の眠気に耐えきれず、重大な交通事故を起こした、というニュースは耳にしたことがあるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群は、しっかりと睡眠をとっているつもりでも、夜中に脳が何度も目を覚ましてしまうので、熟睡出来ていない状態が続きます。

つまりいくら寝ても体の疲れが取れず、日中も急激な眠気に襲われ、眠ってはいけない場面でも眠ってしまうのです。

一昔前までは単なる「居眠り運転」として片付けられていた事故も、近年は睡眠時無呼吸症候群の実態が明らかにされ、深刻な問題として取り上げられています。

特に日中乗り物を運転するような仕事に就いている人は、自分が睡眠時無呼吸症候群ではないか、しっかりと確認が必要です。

最後に

睡眠時無呼吸症候群が、命に関わる病気や事故に発展する恐れがあることを、まだ知らない人はたくさんいます。

自分が睡眠時無呼吸症候群だということにすら、気付いていない人もいるでしょう。

もし家族に睡眠時無呼吸症候群を疑われる人がいたら、すぐに指摘して早期改善に努めてください。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む