NHKでも紹介された、簡単に実践できるぐっすり眠れる快眠法まとめ

日本では今、4人に1人が不眠などの睡眠の悩みを抱えていると言われています。

これだけ多くの人たちの悩みを解消するために、様々な快眠法が紹介されており、誰もが自分に合った快眠法を探していることでしょう。

よくNHKの番組でもぐっすり眠れる快眠法が紹介されています。

どれも簡単に実践できるものばかりなので、一度試してみてはいかがでしょうか?

NHKで紹介された快眠法まとめ

筋弛緩法

睡眠の悩みで最も多いのが、「布団に入ってもなかなか寝付けない」というものです。
寝付けないので色々と考え事をしてしまい、気が付けば何時間も経っている...という経験はありませんか?

これを繰り返しているうちに睡眠のリズムが乱れ、就寝時間になっても寝付けないことが当たり前になってきてしまいます。

布団に入ってすぐ寝付くことが出来たら...。
そんなあなたにおすすめしたいのが、「筋弛緩法」による快眠法です。

寝る前に気持ちをリラックスさせるために、一度身体に力を入れてから力を抜くという筋弛緩法は、手の平をギュッと握ってから開いたり、椅子に腰かけた状態で足首に力を入れながら膝を前に伸ばしてからもとに戻したりと、身体の色々な部位で行うことが出来ます。

バスタオル快眠法

あなたは自分に合った枕で寝ていますか?

良い枕の条件としては、首や肩をしっかりと支えてくれるもの、寝返りを打ちやすいものが挙げられます。

なかなか自分にピッタリの枕を見つけられないというときは、ぜひ「バスタオル快眠法」をお試しください。

大判のバスタオルを折って、自分だけの枕を作り出す方法です。

いくらでも微調整が可能なので、簡単にしっくりくる枕を手に入れることが出来ますよ。

脳トレ快眠法

眠れない原因は人それぞれです。
日々のストレスや疲れ、緊張...。

眠れない日が続くと、そのうち「布団に入っても眠れなかったらどうしよう」、「今夜はちゃんと眠れるだろうか」という不安が生まれ、さらに不眠を悪化させてしまうのです。

こういった心配事があると、自律神経の交感神経が優位な状態になり、脳が覚醒します。

快眠のためには副交感神経が優位なリラックスした状態になることが望ましいので、まずはこの状態を作り出さなければなりません。

NHKの番組でも紹介されたのが、1日15分でできる「脳トレ快眠法」です。

まずは楽な姿勢で目を閉じ、深呼吸をしながら小川から葉っぱが流れてくる情景を思い浮かべてください。

そして今自分の中にある不安や心配事をすべて、その葉っぱに乗せて川に流してしまいましょう。

最初はうまくいかないかもしれませんが、根気よく毎日続けているうちに心が楽になるのを感じるはずです。

最後に

ご紹介した快眠法はすべて、今夜からでもすぐに実践できるものばかりです。

快眠法には人それぞれ、合ったものと合わないものがあると思いますので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事をもっと読む