眠りを快適にする音楽の効果

音楽のリラクゼーション効果は昔から言われていました。
ヨーロッパではそのためにクラシック音楽が発展したといっても過言ではなく、邦楽では音階や韻律の関係からこの傾向がさらに強く、琴や笛の楽曲などが代表的なものとして作られてきました。
人間は意識しなくてもストレス解消や安眠のために音楽を利用してきたのです。

安眠に関する情報は「安眠を生み出す7つの条件」をご覧ください。
http://anmin7.com/

どのような音楽が安眠に効果的でしょうか

いくら音楽が好きでもハードロックを聴きながら眠る人はいないでしょう。
眠りを誘う音楽としてはやはりクラシックが多く用いられています。モーツアルトやシューベルトの曲やショパン、リストのピアノ曲などはよく薦められています。

オーケストラの演奏よりピアノ・フルート・オーボエ・チェロなどの協奏曲が好まれるようです。
古い名曲ばかりでなく日本の童謡や映画音楽でも情景を思い出しながら眠るのに良いかもしれません。
ただ難しい歌詞の曲はそちらに意識が集中するため避けたほうが良いようです。

最近の「睡眠を誘う音楽」

睡眠を誘う音楽はゆるやかで単調なリズムがいいようです。最近では自然の音、特に水の音が注目されており静かな雨の音や穏やかな波の音、滝の音などは癒しの効果音としてCDの販売を伸ばしています。

最新のものでは脳波を調べた研究から開発されたものも発売されました。
これらのCDは睡眠促進の効果も示されているとともに騒音防止にも繋がっているようです。

寝苦しい夜に音楽を聴きながら眠るのは、ある種の贅沢感にも浸れるため試してみるのも良いでしょう。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む