快眠サイクルとは?効率的に眠るための仕組みと3つのポイント

仕事や家事、育児、趣味や遊びに忙しい現代人の中には、質の良い睡眠とはかけ離れた生活をしている人も多いようです。

睡眠リズムの乱れから、不眠症などの睡眠障害を抱えている人はたくさんいます。

  • 布団に入ってもなかなか寝付けない
  • 眠っても疲れが取れない
  • 毎朝起きるのが辛い

そんな人たちのためにご紹介したいのが、「快眠サイクル」と呼ばれる睡眠補助アプリです。

快眠サイクルの仕組みとポイント

120万ダウンロードを達成した「快眠サイクル」があれば、あなたも「心地よい眠り」と「快適な目覚め」を手に入れることが出来るかもしれませんよ。

入眠しやすいミュージック

まずは就寝前に、入眠を促す音楽を流します。

脳の興奮や緊張をほぐし、心身ともにリラックスした状態に持っていくことこそが、寝つきを良くする最大の方法です。

最初に用意されている睡眠導入音楽は1曲のみですが、アップグレードすることで何曲でもダウンロード可能です。

自分が最もリラックスできる音楽、眠くなる音楽を探してみてください。

再生時間や音量は調整することができますので、いろいろ試してみると良いでしょう。

睡眠状態を記録・分析

就寝中は端末を枕元に置いておいてください。
そうすることであなたの睡眠の状態を寝返りから感知し、記録・分析してくれます。

人間は眠っている間に、浅い眠りと深い眠りを繰り返していることをご存知でしょうか?

「快眠サイクル」はあなたがいつ、どのくらいの感覚でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているのかを感知し、グラフとして記録します。

目が覚めた時にグラフを見直すことで、自分の睡眠サイクルがどうなっているのか知ることが出来て大変便利です。

アプリを使っていくうちに安定してくる睡眠サイクルを確認することが出来るはずですよ。

眠りが浅いタイミングでアラーム

もちろん起きたい時間に合わせてアラームをセットしてから就寝します。

睡眠状態の変化から判断して、眠りが浅くなったタイミングでタイマーした時間に最も近い時間にアラームが鳴る、という仕組みになっています。

朝起きるのが辛い、という人は、眠りが深いタイミングで目覚まし時計が鳴ることが原因です。

眠りが浅くなっているときにアラーム音が鳴れば、もっと自然な感じで快適に目を覚ますことが出来るでしょう。

アラーム音は柔らかめの曲が10曲用意されています。

毎朝けたたましい目覚まし時計のアラームでもなかなか起きられない、という人は、試してみる価値があるアプリだと思います。

最後に

「快眠サイクル」があれば今日から不眠症が改善される、というわけではありませんが、使っているうちに自分の睡眠サイクルの状態から睡眠の問題が明らかになり、改善策を見つけることも出来るかもしれません。

色々と微調整を繰り返しながら、使い続けてみてはいかがでしょうか?

関連記事をもっと読む