不眠解消に効く、快眠のために覚えておきたい5つのツボ

  • 寝ようと思ってもなかなか寝付けない
  • 眠りが浅く、夜中に何度も目を覚ましてしまう
  • 眠ったはずなのに朝頭痛や倦怠感がひどい

そんなな悩みをお持ちなら、それは不眠症の一種かもしれません。

今は4~5人に1人は睡眠の悩みを抱えている時代ですので、不眠を解消して快眠を得るための方法も数多く紹介されています。

快眠に効く「ツボ」があるのをご存知でしょうか?

お金をかけることも誰かに頼ることもなく出来る不眠解消法のひとつですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

快眠に効果的なツボ

ツボを刺激するだけで、果たして本当に快眠を得ることが出来るのでしょうか?
あなたも自分の悩みに合ったツボを、ぜひ探してみてください。

涌泉

足の裏を見てみてください。
足の裏を曲げると凹みが生じる部分、そこが涌泉と呼ばれるツボです。

土踏まずの部分ではありませんので間違えないように注意してください。

このツボを刺激することで自律神経が整い、寝つきが良くなって快眠を得られるようになります。

温めるのも効果的ですので、手の平で何度もこすってみたり、就寝前に足湯をするなどして温めてみてください。

印堂

印堂は眉間のあたりにあるツボで、不眠症解消に効果があることで知られています。
指先で優しくこするだけなので、とても簡単なつぼマッサージです。

不眠はストレスや神経の興奮が原因で起こっている場合もありますので、就寝前に心や体をリラックスさせたい、という人におすすめのツボとなっています。

太陽

こめかみの辺りを触ると、凹んでいる部分があるのが分かると思います。

この分のツボを太陽といい、マッサージすることで心身ともにリラックスして入眠しやすくなります。

布団に入ってから色々と考え事をしてしまってなかなか寝付けない、という人にぴったりのツボです。

マッサージ方法としては、100回ほど軽くこするだけで効果が出るでしょう。

百絵

百絵は頭のてっぺんにあります。

両耳の一番高いところをそのまま頭の上までなぞっていき、ぶつかり合うところが百絵というツボです。

指先で軽く叩いたり、優しく揉んでマッサージしてみましょう。

頭には快眠に効くツボがたくさんありますので、百絵の位置に自信がないときは頭全体をヘッドマッサージしてみてください。

肩や首のコリもほぐれて、眠りやすくなるはずです。

合谷

手の甲を見てください。
親指と人差し指の骨を手の甲の方に向かってなぞっていき、ぶつかり合ったところが合谷と呼ばれるツボです。

布団に入っても眠れないときには、親指を使って合谷のツボをマッサージしてみてください。

いつの間にか眠たくなってくるはずです。

最後に

この他にも私たちの体には、快眠に効果的なツボはたくさんあります。
いろいろ試してみて、自分にぴったりだと思うツボを探してみてください。

ツボを刺激することは不眠解消以外にも様々な健康効果が期待出来ますので、試してみて損はないはずですよ。

関連記事をもっと読む